中村勘三郎

57歳で永眠してしまいました。

幸福をすべて手にした役者さんだったと思いますが、こんなに早く天国に行ってしまうとは思いませんでした。

私と同年代の歌舞伎役者さんだから、彼が、名女優  太地 喜和子さんと浮名を流したことも覚えています。

結婚してからは、よき父親であり、歌舞伎界をけん引された方だと思います。

私は30代の頃、片岡孝夫さん(現:仁左衛門)のファンで、昼夜歌舞伎座に通しでいたことも思い出しました。

50代の方の訃報を聞く度に、自分もまた、還暦までのハードルの高さを感じます。

高度経済成長期とともに育ってきた50代

戦争を知らない子供たちとして育ってきた50代

人生は、はかないから、今ある小さな幸せを喜びとして実感しないと、もったいないと思います。

中村勘三郎さんは、孫と3代で、舞台に立ちたかっただろうなあと悔しさもあるかとおもうけど
歴史に残る偉大な役者人生だったと思います。

どうか安らかにお眠り下さい。