もうすぐ10歳

久しぶりにミュウの記事です。

にゃんとも家 未宇が、本名だけど、22日から、体調が悪いです。

かかりつけの獣医さんのところに行ったら、吐き気止めの注射と吐き気止め・整腸剤を処方されました。

この病院は、安価で、ぼったくり感がない病院なんだけど、毎回、行くたびにドクターが変わります。

歯石除去の全身麻酔処置になると、院長先生が診察してくれるけど

普通の病気に関しては、若い獣医さんです。

今まで、不安はなかったけど、今回、若い獣医さんが

「吐き気が続くようだったら、明日、バリュウムを飲ませて、胃の状態を見るので、今晩は、絶食して下さい」と
いうことでした。

絶食したお陰で、嘔吐もなかったけど、翌日、ふやかしたフードを食べさせたら、
再び、下痢と嘔吐をしだしました。

それでも、こんな弱った状態で、バリュウムを飲ませることは出来ないと思ったし
私としては、胃腸の状態は、体調が単に弱っているのだと思いました。

それで、思い切って、病院を変えることにしました。

かかりつけの病院は、車で20分位のところで、いつも混んでいて、1時間は待ちます。

遠くて、診療までに時間がかかるのは、私にとっても負担で、今回の病院は、車で5分

待ち時間も、ほとんどありませんでした。

3年前位に開業した病院で、先生も30代なので、安心して診療してもらいました。

結局、また、吐き気止めと抗菌剤の注射と薬を処方してもらいました。

院長先生は、「この時期、胃腸を悪くするワンちゃん多いですよ。触診した感じでは
胃に異物もないようなので、様子を見ましょう」ということでした。

バリュウム検査にならなかったので、ホッとしました。

昨晩から夜中にかけての、ミュウの下痢・嘔吐によって、私は、ほとんど眠れませんでした。

消化にいいフードも無料で頂き、帰ってからは、体調も安定しています。

もうすぐ10歳になるミュウは、そろそろ病院にかかることも多くなると思います。

近所に、いい病院が見つかって良かったと思いました。

といっても、夜中に、体調が安定してくれるといいのだけど・・・

それにしても、2つの病院をはしごしたので、16000円の痛い出費となりました。

ここ数年写真嫌いになってしまって、上手に撮れないので、以前撮った写真です。

画像